2011/12/22

MICHELIN ミシュラン WILD RUN'R(RUNNER) ADVANCED LIGHT

あまり使っている人が居ないような…。


MTBでロードに千切られて悔しくなって導入したパーツその1。

その2はロード用クランクw

特徴としては、カタログ重量一本220gと超軽量な事とプロ3シリーズと同じ、127TPIの細くしなやかなケーシングを使用していること。

というか、サイズと太さ以外、全てPro3と一緒。

信じられないほどモチコロで、乗り心地や転がり方は全く一緒。

これを履いたMTBは洒落にならないくらい速い。

空気抵抗の問題でロードとタメを張るまではいかないが、別次元の速さを手に入れる事が可能だ。

しかし、Pro3と同じということは、Pro3のデメリットも全て受け継いでいるということ。

貧弱なトレッド面や薄いケーシング、耐久性はPro3に比べるとマシだが、3000kmくらいでトレッド面は殆ど無くなってしまう。

指定空気圧は4bar~6barの間なのだが、タイヤ自体は8barくらいまで入れても大丈夫だった。8barにしたらリムテープが下の写真のようになってしまったが、タイヤには問題は発生しなかった。

耐久性以外には殆どデメリットは無いが、強いて言うなら26×1.1というサイズのため、使えるチューブが殆ど売っていない事か。
1.25くらいの細さに対応しているチューブは多いのだが、1.1に対応するチューブはミシュラン純正のものしか無く、殆ど売っていない。
FOSSのチューブを使いたかったんだけど、サイズ展開が無く、無理だったw。

MTBに履かせるとフレームとのクリアランスがおかしい事になるけど、仕方が無い。




他のMTB用スリックと比べると短命だが、値段に見合っただけの性能はあると感じました。

メーカーページはコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿