2022/09/28

Bianchiのミドルグレードカーボンモノコックレーシングモデル

ミドルグレードという括りだと、このようなTLが描けそうです。

2004 XL Carbon(モノコック)
500,530,550,580,610

ヤンさんは随分前に亡くなられたとお聞きしました。この自転車は今どうなっているのでしょう。









コンフォート寄りのフレームであり、剛性は無いという話を当時聞いた記憶があります。
Bianchi L'UNAのベースになったモデルです。2004年はアレッシオにEV3とS9 Mattaを供給しており、クライムステージのみでEV4が使われていました。2003年は使われなかったEV3carbonですが、2004年には供給されていたようです。

2022/09/27

Assosモデル/Katerina Giannoglou

 ちょっと調べると出てくるのでそこまで目新しい記事ではございません。

2022/09/26

謎のNOVATEC GIRL

当時、アクションスポーツの人にも聞いたのですが、わからないと。
長年の謎が解けました。

2022/09/19

SUPACAZの大いなる欺瞞

 Supacaz Prizmatik Opalというバーテープを購入して巻きました。
巻けずに捨てました。

2022/09/18

Oakley Kato ReplicaとOakley Katoの比較

 ひょんなことから手に入ったので写真を撮ってみました。

Katoのロット比較の記事と合わせて読んでくれると良いかもしれません。

2022/08/17

だからお前の写真は下手なんだ(最終章;満足した豚よりも不満足な人間のほうがまだいい)

 量も大事だけど、質をないがしろにしてはいけないと思うのです。

だからお前の写真は下手なんだ(その3;現像で手間を惜しむな)

 ここまでは撮り方の話を書いてきました。
今回は撮影後の話をしていきましょう。

だからお前の写真は下手なんだ(その2;焦点距離毎に撮れる構図は1~2個しか無いことを把握する)

 この辺りから徐々に雲行きが怪しくなってきます。
前回は視線誘導の話でした。

だからお前の写真は下手なんだ(その1;要素と視線誘導)

今回は視線誘導の話です。

だからお前の写真は下手なんだ(序章)

写真を真面目に撮り始めて8年くらいになるでしょうか。趣味で12万枚ほど、仕事で30万枚くらい撮ってきたはずです。たかだか30万枚ちょっとで何を語れるのかわからないのですが、写真撮影セミナーとかも行ってきた経験からチマっと書いてみましょう。こんな内容の記事は無数にインターネット上に落ちていますから書くメリットは無いのですが、どうしてもこういった内容を伝えたい人達が居るので今回この記事を書きました。国内サイクルフォトグラファーのレベル向上に繋がるととても良いなぁ…と思っています(苦笑)


*今回は僕が得意とするスポーツ写真やポートレートといった枠組みでは無く、ある程度どんなジャンルの写真でも適応出来るような広い幅の話題を取り扱いたいと思います。