2012/09/14

2012 Boardman Bikes Road TEAM

Bianchi以外の自転車を購入したのは5年ぶりです。

105組で8万強という値段に惹かれ、思わずポチっと…。

 この自転車は移動手段として”気負わずに乗れる”アルミロードレーサーが欲しいなぁ…と思い購入しました。海外からの個人輸入となるため、値段は一定では無いですが、僕が購入した時は8万円強でした。

 細かいスペックはメーカーのHPを見てもらったほうが早いでしょう。珍しく、全てのパーツがカタログ通りでした。

 このモデルの売りは、”フルカーボンフォーク”、”ブレーキとクランク以外は105”、"MAVICのアクシウムが付属"という3点だと思います。例えば、105のSTIが2万円、アクシウムは3万円、フルカーボンフォークとフルカーボンポストがついて…と考えだすと、値段が明らかにオカシイのがよく解りますw。推測ですが、付属するフルカーボンフォークは上下異型のGIANT製かな?と。TCRのフォークと同じカタチをしています。でも、FUJIのバラクーダと非常によく似たフォークだったりもするので、GIANTかMERIDA辺りのOEM製品でしょう。

追記:メリダのOEMだそうです。そりゃ走るわ…。そして造りも酷いわ…www

 フレームは非常に素性が良く、第三世代とも呼べる最新のアルミフレームです。カーボンフレームのようなマイルドさとアルミの反応性を両立しています。色々なアルミバイクに乗りましたが、My Bestに近いです。FUJIのバラクーダよりもしなり方向に振ったバイクだと感じました。

 吊るしの状態で十分満足出来る性能を持っていたので、サドルを定番のAspideに変更した以外は何も変えませんでした。が、600kmほど使用した辺りからBB30周りのトラブルに頭を悩ませることになりました。BB30ユーザーがよく不満点として挙げる”クリック音”が始まったのです。

 気になったため、クランクを抜いてチェックするとクランクのスピンドルに傷が…。
  写真はFlickrにアップしてありますが、これは酷い…。知り合いの自転車屋さん数人に聞いてみたところ、「フレームの精度が出ておらず、ベアリングの並行が出ていない為、こういう状況になるが…600kmしか走ってないんでしょ?ここまで酷いのは…」と言われてしまいました。

 とりあえずWiggleに問い合わせたのですが、ここからが大変でした。日本人スタッフの方と日本語でやり取りをしたのですが、話が変わる変わる…。概要を纏めておきます。

僕:「これやばくない?ショップに持っていったけど、ダメだって言われたよ。まだ600kmしか走ってないよ。」

Wiggle:「不具合があるから新品のチェーンセットと交換する。送り返してくれ。」

僕:「自転車毎日使ってるから、使えなくなるのは非常に不便なんだけど…。新しいクランクを先に送ってもらうか、別のクランクを購入する優待割引とか無いの?」

Wiggle:「このまま使うと更なるダメージが。新しいチェーンセットを買うなら何が欲しい?チェーンセットが届いて商品の不備が確認されたら送料、バイクショップの工賃に関しても検討する。」

僕:「おk送った。ダメージ確認して。シマノのクランクセット欲しいから買うわ。」

Wiggle:「ごめんごめん。送り返してもらったら新品交換しかできない。送り返さなかったら新しいの安くしたんだけど…」

僕:「おおおおおk。(おい…日本語大丈夫か?)」

Wiggle:「…」

僕:「どーなった〜???」

Wiggle:「3連休なう。担当者休みなう。」

僕:「おk(ちょwそっちに荷物届いてから9日経過してるよ…)」

Wiggle:「…」

僕:「(流石にキレて英語でメールを送る)担当者の日本人の言ってることコロコロ変わってるし、何日待たせてるの?とりあえず、現状報告して。」

Wiggle:「(英語で)あー、見たけどね、これ、余裕で使えるわ。問題無い。全然オッケー。こんなん普通よ♡still usable, all good。あと、うちのスタッフの対応悪くてごめんね〜。」

僕:「( ゜д゜)ポカーン」

 そして、1週間後にスピンドルをサンドペーパーで慣らされたクランクセットと新しいベアリングが届きました…。

 ぶっちゃけた話、海外から個人輸入している以上、こういったトラブルは覚悟して購入しています。そして、それに対してお金が追加でかかることは最初から予想していました。が、流石に社内伝言ゲームと中途半端な対応には疲れ果てました。一切サポートを期待していない通販サイトから購入するのであれば、これでも良かったんですが、サポート体制に定評のあるサイトがこういった状況だったため、非常に疲れました。やはり海外通販は一切のサポートに期待しちゃいけない…と再認識w。ここ最近、一部のサイトがサポートに力を入れているのは知っていますが、過大評価されてるかな?と。

 円高が続いているのに、最近は大手が値段を釣り上げてきている為、あまり安さを感じなくなってきています。豊富な在庫量は非常に魅力的ですが、それ以外にメリットはあまり無いなぁ…と。最近は爆安セール品くらいしかメリットが無いように思います。

 納期が速いという人も居ますが、極端な一例として、手組ホイールで有名な某国内店舗は注文の次の日に届いたこともあります。最近はあまり海外通販のメリットが無くなってきているなぁ…と思ったというどうでも良い備忘録でした。

 ちなみに、BB30用のシムを入れ、デュラクランクを入れたら物凄く良く進むバイクに変貌しました。前輪をZONDAに入れ替えたら空気抵抗も減り、最早チート。半端無かったです。

もう当分、海外通販はしたくないですね…orz

2 件のコメント:

  1. 後ろにあるビニール傘がちょうどシートポストをエアロ形状にするための後付けパーツみたいな感じに見えますw

    返信削除
    返信
    1. Rafeさん、確かに言われてみればwwww。既にこの自転車は手放してしまったので、もう撮り直すことが出来ません(;^ω^)残念です(泣)

      削除